--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

23
2012

シンハラ語(口語)入門 10 過去形

CATEGORYスリランカ
シンハラ語(口語)入門第十回、いろいろ書きたいことはあれど、今回は最近勉強してる動詞の過去形とそれを用いた~してもいいですか?形式の文について書いてみる。

過去形

එයා ජුනි මාසෙ ලංකාවට ගියා.
エヤー ジュニ マーセ ランカーワタ ギヤー
その人は6月にスリランカに行きました
මම ජුනි මාසෙ ලංකාවට ගියේ නෑ.
ママ ジュニ マーセ ランカーワタ ギエー ネー。
私は6月にスリランカに行っていません
ජුනි මාසෙ ලංකාවට ගියා ද?
ジュニ マーセ ランカーワタ ギヤー ダ?
6月にスリランカに行きましたか?
ගියේ මොකට ද?
ギエー モカタ ダ?
何のために行きましたか?

日本語や英語と同様(?)、シンハラ語の動詞にも過去形があり、過去の話をする場合は過去形の動詞を用いる必要がある。
それ以外の点については基本的に普通の動詞と同じで、過去形の動詞を強調形にして නෑ ネー を付ければ否定に、そのまま ද? ダ? を付ければ疑問に、強調形で නැද්ද? ネッダ? なら否定疑問になる。
疑問詞と組み合わせれば過去のシチュエーションでの疑問詞の文になるし、その他のいろんなのもだいたい普通に使えると思っておk。
ただし、強調形の変形だけは、න්නේ ンネ じゃなくて末尾が エー の母音に変わるスタイルになる(ගියා ギヤー なら ගියේエー)。

次に、肝心のその過去形の動詞を作るためのルールを列挙してみる。

過去形動詞

分類現在形過去形日本語訳備考
නවා ナワー の前が ア の母音で終わるඅහනවා
アハナワー
ඇහුවා
エフワー
聞く・尋ねるこの分類は、先頭文字の母音が エ に、末尾の නවා ナワー が වා ワー に、その直前の文字の母音が になる
කපනවා
カパナワー
කැපුවා
ケプワー
切る
කරනවා
カラナワー
කළා
カラー

කැරුවා
ケルワー
するකරනවා カラナワー には කළා カラー という不規則な変形が存在するが、上述のルールでの変形も可能
කනවා
カナワー
කෑවා
ケーワー
食べる3文字の単語は先頭文字の母音が エー になる
නානවා
ナーナワー
නෑවා
ネーワー
風呂に入る(水浴びする)
හිතනවා
タナワー
හිතුවා
ワー
思う先頭文字の母音が エ, イ, エ の場合、先頭文字は変形しない
පෙන්නනවා
ペンナナワー
පෙන්නුවා
ペンワー
見せる
උයනවා
ウヤナワー
ඉයුවා
イユワー
料理する先頭文字の母音が ウ の場合、先頭文字の母音を イ に変化させる
තෝරනවා
トーラナワー
තේරුවා
テールワー
選ぶ先頭文字の母音が オ の場合、先頭文字の母音を エ に変化させる
නවා ナワー の前が イ の母音で終わるනගිනවා
ナギナワー
නැග්ගා
ネッガー
乗る・昇る・登るこの分類は、先頭文字の母音が エ に、末尾の නවා ナワー が消え、その直前の文字が子音だけと母音が の音になった文字の2文字になる
මදිනවා
マディナワー
මැද්දා
メッダー
磨く
නැගිටිනවා
ネギティナワー
නැගිට්ටා
ネギッター
起きる先頭文字の母音が エ の場合、先頭文字は変形しない
මණිනවා
マニナワー
මැන්නා
メンナー
測る変形の結果 ナの文字が連続する場合、 ナ の文字となる
අඳිනවා
アンディナワー (andinawa:)
ඇන්දා
エンダー (ænda:)
着る・描く ンダ (nda) の子音が変形する場合、一つの文字が分割されて変形し න්දා ンダー (nda:) となる
නවා ナワー の前が エ の母音で終わるතේරෙනවා
テーレナワー
තේරුණා
テールナー
わかるこの分類は、末尾の නවා ナワー が ණා ナー に、その直前の文字の母音が ウ になる
පිරෙනවා
レナワー
පිරුණා
ルナー
一杯になる
不規則ගන්නවා
ガンナワー
ගත්තා
ガッター
取るこの分類は特に規則の無い、不規則な変化をする
යනවා
ヤナワー
ගියා
ギヤー
行く
එනවා
エナワー
ආවා
アーワー
来る
ඉන්නවා
インナワー
හිටියා
ヒティヤー
いる
තියෙනවා
ティエナワー
තිබුණා
ティブナー
ある
වෙනවා
ヴェナワー
වුණා
ウナー
なる
බොනවා
ボナワー
බිව්වා
ビウワー
飲む
හම්බවෙනවා
ハンバヴェナワー
හම්බවුණා
ハンバウナー
出会う複数の単語が含まれる語句の場合、最後の部分だけが変化する
අරන් එනවා
アラン エナワー
අරන් ආවා
アラン アーワー
持ってくる

この辺、ちょっと使う程度であれば変形方法じゃなくて単語で覚えるだろうから、あんま入門って感じじゃないんだけど・・・。
しかも上には上げてないけど、不規則な奴だけじゃなくルールに則った奴でも細かい差異があったりするし。
まあ、一応こんなルールで変形可能なので、それらを除けば単語を覚えなくても導出は可能ということで。
とっさにはぜんぜんできないが、、、

~してもいいですか?

මේක කෑවාට කමක් නැද්ද?
メーカ ケーワータ カマク ネッダ?
これを食べても構いませんか?
කළේ නැතුවට කමක් නැද්ද?
カレー ネツワタ カマク ネッダ?
しなくても構いませんか?

シンハラ語ではこんな感じに、~してもいいですか?という文を作る際に現在形ではなく過去形を用いる。
過去形の後には タ が必要。否定の場合は強調形にして නැතුවට ネツワタ が入る。
これに対する回答は කමක් නෑ. カマク ネー。 = 構いません。 や කමක් නැත්තේ නෑ. カマク ネッテ ネー。 = 構います。 を用いる(構いますってなんか変だけどそんなニュアンスということで)。

その他、~してもいいですか?は過去形を使うスタイル以外でも命令形を用いて下記のように表現することもできる。

මේක කන්න ද?
メーカ カンナ ダ?
これを食べてもいい?

ただしこちらについては親しい間柄で使うようなフランクな表現とのこと。


過去形はちょっといろいろあってややこしいのだけど、使う機会が多くてスルーもできずちょっと面倒。
とりあえず良く使う単語から覚えていくしかなさそう。


>> シンハラ語(口語)入門 11 完了形

>> シンハラ語(口語)入門 目次
スポンサーサイト

Tag: スリランカ シンハラ語

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。