12
2012

スリランカのモバイルインターネット事情

CATEGORYスリランカ
今日はスリランカのモバイルインターネット事情について。
※ 普通の電話やスマホ向けのプラン(テザリングの可否も含む)についてはまだよく判ってないので今回は対象外。

スリランカでは Dialog, Mobitel, Etisalat といった通信事業者から、HSPAのモバイルインターネットサービス(日本でいうemobileみたいなの)が提供されている様子。
料金プランはデータ量や速度に応じていろいろあるものの、長期ならだいたいどこも月5GBでRs.1000(日本円で800円ぐらい? 他に短期のプリペイドプランなどもある模様)以下とリーズナブル。
3社の違いは、サービスエリアが広いが価格も高めのDialog、サービスエリアがそれなりでちょっと安いMobitel、サービスエリアが狭いものの他社より高速で安いサービスを提供するEtisalat、といった感じらしい(2012年10月現在)。
3社ともいろんなとこでCMや広告を見かけたりと、競争は苛烈なようだ。

自分の場合、今回は田舎に旅行することも想定して、Dialogを契約。
Etisalat については、外国人が長期プランを契約するには家賃や公共料金の領収書みたいな、長期滞在を証明するものが要るとかいう話だったので、そもそも入国直後に契約するのは無理らしい。
(ちなみに、Webサイトを見る限りスリランカでの iPhone 5 の提供会社はEtisalat の模様。。。まあSIMフリー版とかで他所と契約すればいいのかもしれないけど。)

ただ、Dialogだと(他所も?)契約にはデポジット(預け金)が必要とのことで、スリランカ人ならRs.5000、外国人だとRs.10000ほどかかる。
また、当然ながら対応したUSBドングルやモバイルWiFiルータ自体も必要で、これらにも別途USBドングルならRs.3000ほど、WiFiルータならRs.10000程度の費用が必要になる。

Dialogの無線LANルータ

今回は、周りの人がUSBドングルを購入する中、モバイルWiFiルータ (Vodafone R201 Mi-Fi Router) を調達。かかった予算は合計Rs.21000ほどでした。現地の生活水準(無駄遣いしなければRs.15000で一ヶ月間生活可能)を考えると高い、、、

月々5GBまで使用可能なプランは、上の写真のパンフレットにもある Unlimited Data Packages というもので、Dialogの場合、転送量の限度を超えると極端に速度が低下する、という仕様だという。
(この仕様はあくまでDialogのこのプランのもので、Mobitelの同様のプランだと、限度を超えると1MBごとに追加料金が発生したりする。)
今のところこの状態になったことは無いはずだが、これまでに何回か極端に遅くなったことがあったので、何か別のものでそういう制限にかかったりしてるのかもしれない。
そうなった時は、もうDialogのページを確認することさえ難しいぐらい、遅くなったり繋がらなくなったりする(汗
実質限度を超過したら使い物にならないと思っておいた方がよいだろう(--;
(というかこれ書いている今も何度か起きてるorz ひょっとしたら、単にWiFiルータ側の問題かもしれないが・・・)

料金については、これはPostpaid Planなので後で支払うとのこと。
先月末に契約して、今月10日ごろに料金確定のSMSが届いた。
んで、普通はDialogショップとかに出向いて、電話番号を言って料金を支払う様子。
が、公式サイトを調べてみたところ、MYACCOUNT PORTALというサービス(たぶん日本で言うMy docomoとかMy SoftBankに相当するもの)があったので、ここにアカウントを作ってログイン。
自分のSIMの電話番号を登録すると、ここから支払いなどが確認/実行できるようになった。
クレジットカードでの支払いも出来そうだったので、今回はこっちからやってみた。
これであってたのかはまだ判らないけど、雰囲気的には大丈夫そう・・・かな?
※ スリランカではスキミング犯罪が多発しているため、実店舗だとカード払いは危険。


その他のモバイルインターネット手段としては、公衆無線LANサービスやWiMAXが存在する・・・が、無線LANスポット自体が多くなさそうなのと、結局それなりの料金がかかってしまうようなので、あまり使えないんじゃないかなーというのが現時点での印象。
WiMAXについては、国内には存在はするらしいのだが使っていないしよく判っていない。
ひょっとしたら、モバイルWiMAXとしてではなくラストワンマイルの技術として用いられているのかもしれない。

また、固定回線のインターネット手段となると、スリランカテレコムのADSLが多く用いられているようだ。
こっちも詳しいことは不明。だが手間隙がかかることを考えると、オフィスとかよっぽどの長期滞在とかでなければ、別に前述のHSPAを用いるものでいいんじゃないかという気がする。安いし。


正直、物価を考えてもスリランカのモバイルインターネットは十分安いと思われる。
モバイルインターネットについては、この国の方がむしろ日本より発展しているのかもしれない。


2012/11/24 追記
思ったより税金が高かったのでちょっと補足。
請求書の明細を見たら、5GBプランRs.990に対してRs.222.26程の税金がかかってました。22%?
まあそれでも安いほうだけど、安い安いと思って契約するとあれ?って思うかもしれないので、ちょっと注意が必要。

あと速度制限がかかるまで使ったからか(ちゃんと測ってないけど一応身に覚えはある(^^;)、最近やたら遅いので、10GBプランにアップすることに。
でもWebサイトの記述を見る限り、段階的に遅くなるって書いてあるんだけど、そういうレベルじゃなかった気もする。
料金面では優れてても、やはり回線品質はあんまよくないっぽい。
スポンサーサイト

Tag: スリランカ

0 Comments

Leave a comment