--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

24
2013

セブでバイクタクシーにボラレた話

CATEGORY海外
Twitterではコメントしていますが、先月から2ヶ月間、フィリピンのセブに短期語学留学をしております。その話はまた後日書くとして、今日はタイトルどおりしばらくぶりにボッタくられた(´・ω・`)ので、注意喚起がてらその話を。

なお結論だけ先にまとめておくと、
  1. ガイドとか追加の行き先とか提案された場合は、その都度料金を確認する。
  2. そもそも必要なければ断固として断る。迷ってじゃあ行って見ようかな?はよくない。
  3. そもそもメーターの無いタクシーなんかに乗らない。
という常識的な話になります。ウンシッテルケドヤッチマッタンダヨorz

JY SQUARE, Cebu

では今日の話を。元々今日は知り合いと出かける予定だったのですが、天気予報が微妙ということでキャンセルに。なので、急遽一人で寮の近くの観光地(道教寺院セブ動物園)を見に行くことにしました。

寮はセブのITパークから徒歩10分ほどの場所。寮-ITパークの逆側には小さなショッピングモール(JYスクエア、写真)があり、その前には、日頃からバイクタクシーが集まっているのを知っていました。

目的地の道教寺院までは確か僅か約1kmほどで歩いても余裕の距離(ただし日差しはきつい)、がセブ動物園はもう少し遠いようで、要タクシーといったところでした。
知り合いからバイクなら道教寺院まで30ペソ(1ペソは約2.3円)ぐらいで行けるよー、と聞いていたので、じゃあとバイクタクシーにチャレンジしてみることにしました。が、これがまずそもそもの誤り。

適当なバイクタクシーに声をかけ、料金を確認。道教寺院だと40ペソ、動物園だと80ペソ(だったかな?)で、位置的に先に動物園だよと言われたので、じゃあそれでと乗ってみることに。なおトップス(山頂展望台)がお勧めだよ!としつこく進められましたが、遠くて高いらしいので、今は行かないよと断固拒否。

そして、動物園についたわけですが、何か彼がガイドとしてついてくるみたいなことを言い出し、結局付いてこさせることに。
(動物園が予想以上に寂れた、交通の便が悪そうな場所にあり、帰りのためにはどのみち待っていて貰わなければいけなかったため。)
入園料は25ペソ×2。が、この動物園自体なんか鳥類がちょこっと居るぐらいで、ほとんど見るものの無いスポット(ガイド談)だったようですが、それは別件なのでとりあえず置いときます(--;

次いで道教寺院に、が着いたら運ちゃん曰く「今日は日曜日だから信者しか入れないよ」Σ(゚д゚lll)
そんなの乗せる前に言えよって、感じではありますが、運ちゃんは黙ってれば丸儲けなので、ちっ!っと思いつつ、スタート地点に戻ることに…。

で、降りようとしたわけですが、ここで「近くに代わりに日本の寺院があるよ」と言われたので、じゃあ何にも見れてないし行ってみるかとそのまま乗車することに・・・。ここで降りなかったこと & 以後料金を確認しなかったことがまたミス。

マルコポーロ・プラザ・セブからの眺め

しばらくして付いた先はマルコポーロ・プラザ・セブという山の中腹にあるホテルの小展望台。確かに眺めは綺麗(写真2)なものの、日本の寺院と言うのは要は戦没者慰霊の小さな観音様がちょこんと立っているというだけでした。
微妙だなぁと帰ろうと伝えると、まだ近くにもっと良い動物見れるところがあるよ!と力説するので、じゃあと引き続き乗ることに。が、近くと言っていた割に一向に目的地に付く気配がなく、帰るよというとそのつど「後1分!後1分だから!」とか言い出す始末。既にボッタくりの気配をビンビン感じ取っていましたが、結局そうこうしているうちに目的地だという場所マウンテン・ビューに到着。
って、つまり最初に遠いから行かないよ!って行ってたトップスのすぐ近くじゃないかよ!いやそんなとこ見ないよ帰るよと怒って、もう中にも入らず入り口でUターンしました。

そして帰り道料金交渉・・・遠くまであれこれ往復で、全部で600ペソだと言われる。いらっとしつつも、言われるがまま乗ってしまったのは事実なので、仕方なく支払い(途中のガソリンスタンドで、手持ちがないので先に払ってくれと言われてしまらう)。

その後帰り道は、フィリピンの女に興味ないか?案内するよ!とか言われるも、いや今はそういう気分じゃないからと拒否ってまっすぐ帰還。が、降りる段になってまた一悶着。曰く200ペソ足りないと。はぁ何を言っているんださっきお前は全部で600だと行っただろと突っかかるも、いやさっきも800って言ったよと主張して譲らず。結局もう200渡して、はいはいこれでOKだね、とバイバイしてきました。
(バイクライダーの溜まり場で喧嘩したらどう考えても不利だし、こっちの語学力もそこまで信用できないからねぇ(--)

距離に対する料金としては相応かもしれないものの(相場判らないので何とも言えず)、近所への散歩のつもりがいつの間にか長距離行かれてガッツリ取られた(しかも目的地はどれも微妙だった)ので、ボッタくられた感が強いですorz
なお、これ以前に払ったタクシー料金は、最大でも往復200ペソ程度・・・バイクタクシーでその上800ペソかぁ、前日一日豪遊した際の食費代がたぶんそれぐらいなんですが。。。

セブに行かれる方は、そもそもバイクタクシーに乗らないもし乗るにしてもその都度料金を確認する、といった基本を忘れずどうかお気を付けを・・・。


PS. なお、フィリピンで遭遇したこれ以外の怪しい事例として、ちょうど昨日、SMシティという大規模ショッピングモールで美女に声をかけられるという出来事がありました。
「一人ですか?私も一人なんです」「どこに泊まっているんですか?」「お友達になりましょう」みたいな美人局感満載な会話の後、俺が疑わしそうにしているからか「セクシーマッサージ200ペソでどうですか?」と本題(?)が切り出されたり(汗

結局、お断りしてしまったので(そのときはトイレ行きたくて焦ってたので!)美人局だったのか本物のその手のお誘いだったのかは不明なものの、さすがに世界的な観光地だけあって、観光客を狙ったあれこれは多い様子。
・・・うん、これでもマニラより治安は全然いいという話なんですけどね。あっちはもっとダイレクト(強盗とか)らしいから。

PS2. スリランカのスリーウィーラーもたびたびボろうとしてきた & ボラれたので、別にセブに限った話でもないが。今回みたいな記憶がないのは、単に目的地がその都度はっきりしてたからかなぁ。いや勝手にお勧めの(いかがわしい)マッサージ店とかに連れて行かれたことはあるが(^^;
スポンサーサイト

Tag: フィリピン

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。