--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

28
2016

タイで泊まったゲストハウス情報とか

CATEGORY海外
年末で会社を辞め、思いがけず時間ができてしまったので、20日弱ほどタイとカンボジアでバックパッカーの真似事というか練習みたいなことをしておりました。
で、その際一番悩んで調べまくったのが安宿情報だったので、自分が泊まった宿の情報を参考までにシェアしておきます。
(基本的に、ネットで調べて宿に行って交渉→宿泊なので、どっかで紹介されてる奴が多いですが。)

なお、お値段は時期によって変動が激しいっぽく、下調べと比べて値上がってるのもちょくちょくありました。その旨ご注意を。
また基本的に毎日クソ熱いので、重い荷物背負いながら足で物件探しは、正直辛いです。事前に場所を確認することをおすすめします(滝汗

バンコク

カオサン周辺

バンコクにいるときは、基本的にカオサン通り周辺に泊まっていました(安宿情報がこの辺メインだったので)。
初日は凄いとこに来てしまった…!と動揺したものの、慣れればどうということは無かった。
(と言いつつ、バーやらクラブやらには一度も入ってないですが、、、)
交通の便が悪く、公共交通機関がバスしかないので、それを覚えるまでが大変。将来はBTSが延伸されて楽になるらしい!…まあ宿の相場も上がるでしょうけど。
後、そういう立地なので、ナイトライフが盛んなエリアに出向くのは向かないと思われ。

バスでは、53番(フアランポーン駅や王宮などに向かう周遊バス)と47番(シーロムやナショナルスタジアムに向かうバス)が活躍。詳しくはこちらなど参照。

Sawadee Bangkok Inn
初日の宿。日本からオンラインで予約できたのでしてみた。
宿泊した部屋は、シングルルームでプロモーションの値引きで500バーツ(+デポジット500バーツ)。
エアコン、ホットシャワー、無料Wifi、TV、朝食付き。エアコンは効き過ぎ&トイレ汚い。
宿はカオサン通りから南側に細い路地を入った初見では分かり辛い場所にあり。

結果的に、ここが今回の旅で一番高い宿になった…でも、エアコン付きはともかく、そんな良い宿という印象ではない。
姉妹店が多々ある模様。

Peachy Guest House
住所: 10 Phara Athit Rd. Near UNICEF Banglanpoo, Bangkok 10200
ここで見つけて訪問。
シングルルームなのになんと1泊120バーツ(+デポジット200バーツ)という格安部屋に宿泊。
シャワー・トイレは共同、部屋はファンと激硬ベッドのみで、Wifiどころかコンセントも無し!
(共同コンセントはあるけど、あそこにPC置き去りにする人の気が知れない…。)
音が響きまくるので、下のバーの喧騒や、深夜に帰ってきて喧嘩してるカップルの声とかで何度も起こされた(汗

カオサン通りからはちょっと距離がありますが、北側の通りを西に向かって進んでいくとたどり着きやすいです。

Peachy Guest House

MOM GUEST HOUSE
住所: 98 Khaosarn Road, Taladyod, Phranakorn, Bangkok 10200
カオサン通りの真ん中(LACKY BEERの看板の辺り)付近の南側で見つけたゲストハウス。
シングルルームで一泊200バーツの部屋に宿泊(閑散期だから?で通常は250バーツっぽい)。
シャワー・トイレは共同(ホットシャワー)で、ファンと無料Wifiあり。
館内はきれい。ただし、Wifiは結構調子悪かった。
またカオサン通りには出やすいものの、こちらも隣のバーが夜までうるさい。

MOM GUEST HOUSE

実は有名な日本人宿MAMA's GUEST HOUSEと勘違いして泊まっていた。
個室はどっちも同料金だったので結果オーライw
(MAMA'sは同北側付近の細い路地を進んだ先で後日発見。)

PAILIN GUEST HOUSE
住所: 170/1 Lamphu Rd, Sarmphraya, Phranakorn, Bangkok, 10200
騒音とWifiに耐えかねて移動した先の宿。ここで見つけて訪問。
シングルルームで一泊250バーツの部屋に宿泊(↑の記事より値上がり)。
シャワー・トイレは共同(ホットシャワー)で、ファンと無料Wifiあり。
施設は雰囲気があって良い!あとWifiは快適。水回りだけちょっと汚かった。
ここもカオサンからはちょっと距離があり、カオサン西側の通りを北に向かって進み、川を渡ったらすぐ川沿いの路地を西側へ行った、ちょっと奥まったところにあり。

PAILIN GUEST HOUSE

個人的に一番素晴らしかったのは、受付の子が可愛らしい眼鏡っ子だったことです!!!
※ 書き物をするときだけです。
※ 時間によってはおばちゃんが座ってるときもあります。

これだけでも、差額50バーツの価値はあった(力説
あと、2匹の犬が居ました。白くておっきい方がラッキー、茶色くて小さい方がピンピンらしいです。

なお、同じ記事で紹介されてたエアコン付きで250バーツの@Pranakorn Innは、見つけましたが本日満員で断られました…orz

プロンポン

交通の便が悪かったので、二日だけ他のエリアにも宿泊…が基本的に駅の方は(カオサンクラスの)安宿の情報が少ないです。
こっちはショッピングセンターとかもあるしで生活は全然楽だったのだけど、↓の宿とかもと言いつつも結局駅まではちょっと距離あるし、悩みどころ。
(自分は最終的にカオサンに戻った。)

民宿日出
超有名な日本人宿。
ドミトリーで220バーツで宿泊…が、実はここはWifiが有料で+30バーツ必要。
またドミトリーはエアコン付きだけど、エアコンが使えるのも実は夜間のみとなっていて、ちょっとカタログスペック倒れ感がある。
シャワー・トイレはもちろん共同、ただドミトリーのスペースはきちんと区切られていて居心地よい。

一番微妙だったのは、Wifiが有料のくせに品質悪かったこと。。。普通にブラウザアクセスしてても通信エラーが頻発するので、ちょっと耐えかねた。

民宿日出

パタヤ

ソイブッカオ

パタヤの安宿街らしいエリア。いかがわしいお店もたくさん(でも路地に入るともっと酷い)。

T&T (TSAHI & TUK)

住所: Soi LK Metroの中。
安い宿どこだろー?この辺の路地とかだったら安いのかなー?とか安そうな宿の値段聞きつつ探し歩いているときたまたま発見。
シングルルームで一泊400バーツの部屋に宿泊。清掃中だったので安くしてくれたのかも?
このお値段で、エアコン、冷蔵庫、ホットシャワー、トイレ、無料Wifi付きで、部屋も広くてきれいでとても快適!
ただ、後で知ったことですが、この通りはゴーゴーバー密集地帯とのことで、外は夜中まで煩いです。。。

宿は、親切な白人のおっちゃんと従業員か奥さんかのタイ人のおばちゃん(?)の個人経営っぽい感じ。
部屋数は少なそう(2部屋だけ貸してるのかも)。
チェックアウト時間伝えてなかったら、ずっと受付に人が居なくてちょっと困った。

T&T

アユタヤ

安宿(というか市内の宿)が多いのは、駅から川を渡って北西へ進み、ショッピングセンターを超えた辺りの区画?
でも、どうせ日中暑くて4時間ぐらいしか回れなかったので、バンコクに宿取ってるなら朝早くアユタヤ来て夜バンコクに帰ればよかったかなと思った。宿移ると荷物面倒だし。

TOTO HOUSE

最初はここのMINT Guest Houseに泊まるつもりだったが、閉店したらしいということで、急遽探して見つけた宿。
場所は↑の安宿エリアの割と広い通り沿い。
シングルルームで一泊200バーツ。
シャワー・トイレは共同で、ファンと無料Wifiあり。
1Fがレストランで、レンタサイクル(ママチャリ型だと40バーツ)の貸し出しもやっている。

カオサンほどではないけど、隣のバーが夜まで煩い。

TOTO HOUSE

シェムリアップ

最後はカンボジアのアンコールワット観光の街シェムリアップです。
こっちは全然余裕なかったので、有名どころの日本人宿に泊まったのみ…。

Takeo Guest House

ドミトリーで一泊3US$で宿泊(+デポジット20US$)。
ホームページだと2US$って書かれてるけど、あれは素泊まりの料金で、3US$の朝食+ランドリーサービス付きが標準コースっぽい。
(と他の宿泊客と話して判明。ちゃんと説明してくれないからよくわかんねーよ!と語られる。)
部屋や水回りはお値段相当って感じだが、Wifiは安定してるしベッドは柔らかかった。
ただし、宿泊中は水道が頻繁に止まり、その後轟音とともに復活ということがちらほら…。

Takeo Guest House

一緒になったベテランの人曰く、最近は近場のクロマーヤマトゲストハウスの方が人気あるらしく、その人も途中で宿を移っていったり。
でも、自分はまあ耐えられる範囲だったしもう移るのも面倒なのでそのまま泊まってた。

日本人宿ということで、ツアーの案内などが日本語でされていたり、宿のおばちゃんがバイクタクシーの仲介してくれたりで助かった。


宿泊した宿は以上!全体的に割と安く上げたつもりだけど、旅の期間をもうちょい短くして宿のグレード上げた方が楽だったなという思いもなくはない。
最初にも書いたけど、宿探しは思いの外疲れるし、暑い日だとそれで一日の仕事終わった気さえしてくるので、事前に予約できてた方が快適で楽しいと思う。
今回は、目的があんまりない旅だったからまあよいのだけど…次はこの経験を生かそう。
スポンサーサイト

Tag: タイ カンボジア

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。