07
2017

ウズベキスタン旅行の感想まとめ

CATEGORY海外
ここのところ仕事も平和で、夏休み3日+有給で1週間の休みが取れてしまったので海外旅行に。で、熱帯の国ばかり続いたし、あれ意外といけんじゃね?と思ったので、中央アジアはウズベキスタンに行ってまいりました。
今回は早々にSIMゲットして感想とか大体リアルタイムにTwitterで呟いてたのですが、後で見返しづらいのでちょっとまとめてみます('ω')ノ
(宿情報は後日また。食事は特記がない限り現地の食堂みたいなとこ中心です。)

出発

今回は成田→仁川→タシケントの大韓航空の乗り継ぎ便で行きました。何気に人生初の飛行機の乗り継ぎでした。運賃は往復で8万6千円。その他にビザが必要です。成田までは電車+バス移動です。

仁川⇔タシケントは7時間35分でした

タシケント

タシケントはウズベキスタンの首都で国際空港がある都市です。市内観光は現地在住の元協〇隊の友達が同行してくれました。彼にはこっちの風習とかも教えてもらい、かなり助けられました(特に両替と、SIMと列車チケットの購入は、一人ではもっと手間取っていた事でしょう…キリル文字orz)。

後で確認したところ、ボラれてはいるもののお釣りは適正レートでした。謹んで運ちゃんにお詫び申し上げますm(__)m
ホテルウズベキスタンのロビー内の携帯コーナーでした。4GBで10$、パスポートと滞在証明書が要るみたいな話でしたが後者忘れたたのに買えました(汗
6月と9月がベストシーズンらしいです。
牛・羊・鳥・ミンチ肉、そして豚があるそうです!?
ウズベキスタンは現在猛烈な通貨暴落中で、闇両替が普通になってるそうです。この記事の計算も全て闇レート基準です。

ブハラ

ブハラは首都タシケントから450kmほど離れた都市です。旧市街が世界遺産に認定されています。今回の旅では最も遠い目的地で、タシケントからは列車で移動しました(約7時間)。ヒヴァも興味あったけどハードスケジュールになるので見送り。

高速鉄道と呼ばれる新しい列車(帰りはそれだった)もあるのですが、行きは古っぽい列車でした。かつ出発後1時間はエアコンが壊れて(?)動かず蒸し風呂状態でした…(暑
実はもうちょっと先でした。↑は一番原野の辺りです。でもこんな原野と農地、草原が大半という雰囲気。
ブハラは歴史ある町がそのまま世界遺産になった感じで、世界遺産の中でいろんな遺跡を見て回る感じです。過去の街並みにいるような雰囲気で凄く良いです!(たまに電飾とかあるけどw
写真はありませんでしたが、夜8時ぐらいになると道路が人でごった返します。
ラビハウズという中心地の直ぐ脇にある以下にも高そうなとこです。でもこの旅で一番おいしゅうございました(感動
ブハラ駅は旧市街から15kmほど南東のカガン(新ブハラ)という町にあります。なおブハラの旧市街の外やカガンは、ソ連式?の普通の町みたいです。
この仏人はカザフスタンからウズベクを通ってタジキスタンに抜けていくそうな。↑の教会も一緒に回ったし、めっちゃいい人でした。

サマルカンド

サマルカンドはタシケントとブハラの中間に位置する都市です。こちらも世界遺産に認定されていますが街自体は普通に発展していて、ブハラとは異なり新旧市街が入り混じった街の中に遺跡が点在しているイメージ?

使い切りました。本当は80万スムあった初日に写真撮りたかった。
右は弟へのお土産にしました(外道
今回の旅で一番良かったのがここ!外観だけなら他に勝るところもありましたが、ここの内装は本当に綺麗でした。レギスタン広場にも似た内装があったのですが、でもこっちのが上かな。
これ謎で、レギスタン広場はドルで払えって言われたりで、なんかまちまちでした。
翌日の書類託された話の前日談。あとブハラでも片言の日本語話す女の人に話しかけられました(土産売りたかった?)。
神学校とか?が全部土産物屋になってるんすよね。うーん怒られないのかこれ?
最終日はバザールやスーパーでお土産買ったりしてました。何より足が棒でした(^^;
なんかガチっぽいし良い人だったから引き受けた(対価は世間話+お茶代)。


帰還

帰還は後述の理由によりちょいと苦難の道のりに…(涙

私はこの時まだ気付かなかったのです。休憩時間にこのロシア人に進められて飲んだ露店の飲み物(初日の怪しいジュースだった)が、お腹を直撃していることを…(推測)。
というわけで、7時間のフライト中にお腹の爆弾がさく裂して苦悶のラストとなりましたw


後日談)
  • 滞在費は250ドルでした。うち82ドルが宿代。
  • 土産物としては、チョコバーみたいな伝統菓子と、ヒマワリの種、ドライフルーツ、ビール、それにお皿とブハラ名物のハサミを買った(計30ドルぐらい。少なめ)。
  • ベランダの鉢植えはかなり弱ってたが水あげたら復活した。
  • ハムスターも無事実家から回収した。
  • FGOのフレンドは5人減ってた。

以上、ところどころ大変なところはあったものの、今までとは違った種類の国を見れてとても有意義な旅でございました。
まだ個人で行くのはちょっと気合がいるけど、ビザなし観光が始まるという噂もあるので、もっと日本からも気軽にいけるようになるといいなと。
今は物価も安いしw、きっと楽しめます('ω')ノ
スポンサーサイト

Tag: ウズベキスタン

0 Comments

Leave a comment