--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:

22
2009

RedmineのCVSでファイルが見れない問題

CATEGORY開発環境
引き続きRedmine + CVSの話。

「リポジトリ」からリヴィジョンを選んだ後の画面で、ファイル名 - リヴィジョン (diff) とか表示されるわけだが、diffはちゃんと表示されるのにファイル名のリンク先が500になる。
ネットで探しても他に似たような話が見つからなかったので、ひょっとしたらCVSNTとの組み合わせか、または今のバージョンだけの現象なのかもしれないが、とりあえず解決したのでその方法を。
(単にRedmine + CVSの利用者が少ないだけかもしれないけど(^^;)

まず、原因が皆目見当付かなかったので、config/environment.rb の config.log_level = :debug の箇所を有効にして、デバッグログが出るようにしてみた。
次に、問題の操作を行うと、こんな感じのログが出ていた。

<cvs> entries 'src/example/dao' with identifier 'Tue Jul 07 02:44:29 +0900 2009'
Shelling out: cvs -d :pserver:ユーザ名:パスワード@サーバー名:/cvsrep rls -e -D "2009-07-07 02:44:29"
'モジュール名/src/example/dao'


cvs rls? 何かディレクトリリストを出すために使っているらしいから、そこのログか? と思ったが、どうもログのタイミング的にも書かれてるパス的にもそうではない模様。
ひょっとして、ディレクトリリスト以外に、ファイルの表示でも rls コマンドが必要?
rlsコマンドは cvs 1.12.8(入っていたのは1.11.17、1.12は開発版のよう)から追加されたコマンドらしい。

サーバー側もrlsコマンドに対応してないと駄目との記述もあったので、CVSNTがrlsコマンドに対応しているのかを調べたが、どうもいまいちよく判らない。
しょうがないので、駄目元でCVSクライアントだけ更新してみることにした。

Concurrent Versions System

開発元のダウンロードのところから1.12.13のソース (tar) を落としてきた。
ところで、2005年9月にリリースされてからずっと開発版のまま放置されてんだな・・・。

で、普通にmakeを一通りして、念のためApacheを再起動。
再度同じ操作をしてみる。OK!表示されるようになった。
その先の「見る」と「ダウンロード」のリンクもきちんと機能している。
ついでに、rlsコマンドに対応したのでディレクトリリストも出てくるようになった。おkおk。

ただ、「見る」とかの脇にある「注釈」とかいうリンクは

エントリが存在しない、もしくはアノテートできません。

というエラーになる。そもそも注釈ってなんの機能だろ?
とりあえず、普通に使う上での問題は解消した気がするのでこれで大丈夫だろう。
というより、Redmine + CVS で運用する場合は cvs 1.12 系が必須?
スポンサーサイト

Tag: Redmine CVS

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。